英国(ウェールズ)人の旦那と、娘hana(2007年1月生)、息子taro(2010年9月生)とロンドン暮らし。日常生活を綴ってます♪ 読み逃げ、コメント大歓迎☆
by yamoed
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
おしらせ
生活
興味
ショッピング
グルメ
イベント
ハンドメイド
ロンドン観光
UK観光
里帰り* 2006
里帰り* 2007 春
旅行* イタリア
旅行* フランス
旅行* スペイン
旅行* ベルギー
旅行* アメリカ
旅行* ウィーン、ブラチスラバ
旅行* スイス
里帰り* 2007 秋
里帰り* 2008 春
里帰り* 2008 秋
里帰り* 2009 秋
里帰り* 2010 春
里帰り* 2011 春
クッキング
里帰り 2012 春
以前の記事
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
more...
フォロー中のブログ
東京→ロンドン Journal
Bad Rockin' ...
ろんどんらいふ
パリときどきバブー  f...
メルボルンらいふ
イギリスからヒトリゴト
My favorite ...
ふらりロンドン
◆Cinq*Etoiles◆
★★ イギリス子育て A...
ロンドンから(子育て)blog
みつばちのすばこ
上をむいて歩こう
ジョンソン的ロンドン生活
紅茶国C村の日々
Strawberry a...
ブラジルゴハンとカワイイモノ
Mackyは今日も行く ...
blog von you...
レトロジャンキー <re...
みやこの日々
ロンコロ☆ロンドン
蓮の咲く朝
チビ猫のロンドン冒険日記
Ma vie en rose
うるさら♪diary
不定期刊 磯野鰯
Living in Lo...
WATER WAYS
Frequency
イギリスその日暮らし。
* いぎりす na 生活...
イバラキから ほのぼの日...
ロンドン郊外からblog
☆UKらいふ☆
ロンドンと私
妊婦ライフ→育児ライフ
続・UKプチ・セレブ(?)日記
My very pers...
はれ、のちくもり
明日に向って・in Or...
Viva! ロンドン滞在記
ITALIA子育て
ロンドン 2人暮らし
お猫様はいづこへ!!
l-mamaの育児日記
エリオットゆかりの美味し...
るな☆そあ~ぶ
De*racine*のおと
European Flo...
ビッグリヴァー☆ブルース...
拝啓 イギリスにて。
Bonne Nouvelle
日々是横浜
ウキウキフェロモン大分泌...
From London
::: au fil d...
イギリス ウェールズの自...
a piece of c...
イギリスのLife Ac...
ココブログ♪
Piccoli Pass...
なおのスローライフ&ナチ...
リビエラに生まれて
Life is Wond...
teatime*日記
**m's brioche**
Cardiff日記
森の釣り人
andante-desse
40 ans a Par...
ロビンと一緒にお茶しましょ♪
新米日本語講師のつぶやき...
South Molton*
NY/Brooklynの空の下
英国"エコ"留学 (イギ...
SARIA It's...
イタリアでの日々。
その他のブログリンク
育児の記録日記は別ブログに綴っているので、そちらもよろしく♪

エキサイト以外のブログ
☆女王陛下にゴルゴUK☆

* 素材屋さん *
kurimilk

free counters
最新のトラックバック
楽しい時間を過ごしました..
from Strawberry and..
Clactonキャラバン..
from Strawberry and..
あふたぬ~ん
from Caline
ラストスパート
from blog von youha..
ブルージュ&アントワープ..
from ロンドンからblog
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
飛行機内に蛇がいたら。。
月曜は、イギリスの祝日だったので、3連休だったのですが、イタリア旅行後の週末ってこともあって、yamoed家は大人しく近所で過ごしておりました。
日曜は、Greenwichの映画館で、Snakes on a Planeを見て来ました。
主演のサミュエル・L・ジャクソンが、脚本を読まずにタイトルだけで出演をOKしたというくらい、笑えるこのタイトル。まさにその通り、飛行機に蛇が乗ってるっていうストーリーなんです!
e0086048_1964792.jpge0086048_1971022.jpg

さらっとストーリーを説明しますと。。
ハワイで殺人現場を目撃した男を、FBIが(S.ジャクソン)が保護、証言台に立たせるために、LA行きの飛行機に乗るのだが、逮捕を恐れた犯人が、機内に蛇をしのばせ、皆殺しにしようと計画。ま、あり得ない話なんだけど、「その手があるか。。。」なんて、テロリストに思わせる(無い無い...笑)ストーリー。
パルプフィクションから、サミュエルのファンなのですが、この映画でも彼、かっこいいです。
蛇が苦手な人には、鳥肌立ちっぱなしの映画ですが(って、私も嫌いだけど)、結構楽しめます!暇なシーンなく、どきどきしながら、ぐ〜っと見入って、終わる、、みたいな。でも、目を瞑ったシーンもいくつかありますよ。キモくて(^^;)
恐ろしい数の蛇が出て来ますから〜!ホント、あり得ないけど、あったらコワすぎる。

久々の映画紹介。でも、、、きっと皆さん、見に行かないだろうね(笑)
私も仕方なくダンナに付き合っただけですから!でも、楽しめました(^^)

話はガラ〜っと変わり、先週は福岡のブロガー、Javiさんと、お友達の花子さんと娘さんがミュージックフェスのためにロンドンにいらっしゃいました。他のロンドンブロガーさんと一緒に、お茶したり、ディナーしたり、、、出会いって素晴らしい♪
この場を借りて...Javiさん、お土産どれも美味しかった〜!ありがとう!!またロンドン遊びに来てね☆
[PR]
by yamoed | 2006-08-30 19:36 | 生活
イタリア旅行 ☆ヴェローナ☆
15日(火)、夜10時のフライトだったため、お昼前にヴィチェンザを出て、ヴェローナに向かいました。
その前に、スーパーで色々お買い物をしようと思ったら、、、、この日は祝日!ジェラート屋とカフェ以外は全部閉まってて、何も買えず(涙)前日に色々チェックしてたのに、、、生ハム、フォカッチャ、チーズ。。。

↓☆ガルダ湖☆で載せた地図に、Veronaを○するの忘れていましたが、VeronaはVichenzaのすぐ南に位置しています。

Verona駅に「Verona Card」というのが18ユーロで売っていて、ほとんどの観光施設が無料になり、バスも乗り放題なので、veronaに行かれる方は、これをゲットするといいですよ♪色々見て回る場合、元はばっちり取れます(笑)

e0086048_1947328.jpg

ヴェローナといえば、ローマ時代の円形劇場「アレーナ」。今でも夏には、オペラやコンサートに利用されています。。

e0086048_19493957.jpg

この日の晩も、オペラがあるようで、巨大なピラミッドのセットが設置されていました。9月半ばに、どうやらパールジャムがコンサートをするみたいです(笑)ここの劇場でコンサートをして、満席に出来るような日本人アーティスト、、、SM○Pでしょうか(笑)

e0086048_19532791.jpg

劇場には、セットをしまっておく部屋がないので、外にセットが置かれていました。

ここで腹ごしらえ。
e0086048_201348.jpg

ナスとズッキーニを焼いたものとビーフとチーズのパスタ。チーズは、パリパリに焼かれ、カップみたいな形になっていて、その中にパスタが盛ってある感じになってます。今まで食べたパスタとちょっと違った風味で、かなり美味しかった♡イタリアでの最後のイタリアンを堪能しました♪


e0086048_204375.jpg

もう一つヴェローナの見所スポット、「ロミオとジュリエット」の舞台になったと言われているバルコニー。

e0086048_2084693.jpg

カップルで訪れる人たちが多く、壁にはたくさんの名前やメッセージが書かれていました。でも、この物語って、悲恋の物語じゃなかったっけ?縁起良いのか?!ロミオとジュリエットのように、「永遠の愛」みたいなのを誓ってらくがきするのかしら。。
ジュリエットの像があって、なぜかみんな右胸を触って写真を撮っていました。そのせいで、右乳ピカピカ(笑)
入場券を買えば、建物に入って、ベランダにも出られます。でも、ベランダの下には、恐ろしい数の観光客がカメラを向けているというのに、相当自信がないと出られませんよ〜。中には「お〜ロミオ〜!」のポーズをする人も(苦笑)


e0086048_20191769.jpg

街の所々に教会がありました。とっても厳か。数ある教会の中には、ローマ時代の遺跡が一部そのまま残されている所もありました。歴史を感じますねー。


e0086048_2020567.jpg

小さな街ですが、訪れる価値アリです。ヴェネツィアからも1時間半弱なので、是非行ってみて下さい♪ホテルに滞在しなくても、駅には荷物預かり所があるので便利です。


e0086048_20261698.jpgヴィチェンザよりも観光地なヴェローナでしたが、やはり祝日は、食事するところ以外ぜ〜んぶ閉まってました(涙)
行きも帰りも、空港では散々な目に遭いましたが、旅行自体楽しいものとなったので良かったです☆イタリアン、ジェラート、イヤって程食べたし〜♪帰って来てから、「醤油味禁断症状」出ましたが(笑)
[PR]
by yamoed | 2006-08-25 19:54 | 旅行* イタリア
イタリア旅行 ☆ヴィチェンザ☆
日曜の夕方、ヴェネツィアを出てVicenzaへ。(↓↓地図、Veniceより西、ガルダ湖より)
電車で約1時間。(特急だともうちょっと速いはず)

ヴィチェンザは、日本のガイドブックにはもちろん載っていないと思うのですが、まだイギリス人にもあまり知れ渡っていない穴場スポットらしいです。義父が6年程前に、仕事で3−4ヶ月間住んでいた事があり、ダンナもその頃訪れた事があるそうで、「とっても良い所!!」って言うし、コテコテ観光地じゃないところにも行きたかったので、今回行ってみる事にしました。

電車の時間ギリギリまでヴェネツィア中を歩き回っていたので、この日はレストランに行っただけ。ディナーの事はちょっと後回しにしまして。。。

e0086048_212889.jpg翌日月曜、朝から中心地に繰り出しました。中心地と言っても、小さいエリアなのですが、ユネスコ世界遺産に指定されているそうです。それもそのはず、とっても古く、趣のある町並みでした。観光地じゃないな〜って感じたのは、かなり多くのお店が夏休みで閉まっていた事!!始め予約しようと思ったホテルも、2週間程の夏休み、、との事でした。ホテルですよ、ホテル!このホリデーシーズンに!
そんなわけで、かわいいお店が色々あったのに、ウィンドウショッピングのみ(涙)



ヴィチェンザは、イタリアの建築家、Andrea Palladioの建築物が多くある街としても知られています。ヴェネツィアにもいくつかPalladio建築があります。
e0086048_3312793.jpg

これもその一つ。15世紀に建てられたMonte Berico教会。ヴィチェンザの街が見渡せる丘の上に建っています。右の写真は、丘の途中から教会までずっと続く参道(?)です。登りはタクシーで行きましたが、帰りは歩きで。中心地まで20−25分でした。


e0086048_3371246.jpg

丘の上からの景色☆茶色い屋根がたくさんあるところが中心地の旧市街。この景色が見渡せるレストランでランチしました♪

e0086048_3384357.jpg

ボロネーゼを頂いたのですが、自家製のパスタはうどんのように太かった(笑)でも、ちゃんとアルデンテでおいしかったです。最近トマトにハマってる私は、イタリアのトマトをいっぱい買って帰りたかったくらい、甘くておいしかったです♪モッツァレラチーズもさっぱりしてて美味☆

e0086048_340484.jpg

丘を下り、中心地まで向かう途中の風景。なんだかいいでしょ。

e0086048_352118.jpg

丘の上からの景色で、中心に見える緑色の屋根の建物がこれ、Basilica、Palladio建築の一つですが、1617年、Palladioの死の37年後に完成したそうです。下はショップ、上は体育館のようにガランとしたスペースで、このときは、建築デザインの展示会をやっていました。Palladioの像が前に建っています。

e0086048_3561572.jpg

ここは、ヨーロッパで一番古い劇場、Olympicシアター。そう、ここもPalladio。これはシアターの中庭。


シアターの中はこんな感じ。。。
e0086048_421499.jpg

ステージの真ん中は、遠近法を利用した作りになっています。400年以上も前に、この技はすごいです!奥行きもあって、本当にずっと街が続いてるように見えます。

e0086048_441436.jpg

もちろん現在でも使われています。一度ここで演劇を見てみたいですね〜。Palladio建築は、柱の上に人物の像があるという特徴が見られました。ここの劇場、一見の価値あり!!

e0086048_464860.jpg

中心地への入り口近くに公園があり、そこにかわいい建物がありました。家(?)の下に川が流れてます!


日曜、月曜のディナー♪
[PR]
by yamoed | 2006-08-23 02:13 | 旅行* イタリア
イタリア旅行 ☆ヴェネツィア☆
土曜の昼前、Desenzanoを出発し、Veniceに向かいました。電車で1時間50分ほど。
土曜だから、観光地だからか、サンタルチア駅に降りた瞬間、すっごい人でびっくり☆
水の都ヴェネツィア、もちろん交通機関は水上のみです。軽くランチをした後、さっそく水上バスヴァポレットに乗って、サン・マルコ広場に向かいました。
e0086048_22491833.jpg

e0086048_22441541.jpg

ベニス名物、ゴンドラ。余談ですが、ゴンドリエーレと言われる漕ぎ手のお兄ちゃん、かっこいい率高かったです(笑)乗ってみたい気もしたのですが、「新婚旅行ならね〜」って事でやめました(笑)でも、観光客の写真の餌食になっていたので、乗らなくて良かったかも(苦笑)


サン・マルコ広場到着。ナポレオンに「世界で最も美しい空間」と言わしめたらしいこの広場。ところが、、、、
e0086048_22351883.jpg

3時半頃だったと思うのですが、潮の加減で広場は水浸し!!向こう側に行きたいのに、にっちもさっちもいかない状態。。
ダンナが「これも経験、靴脱いで!」
「え?!」
すご〜〜〜〜くキモかったけど(だって、ハトがいっぱいいるし、フンとか色々あるじゃん。。)仕方ない。。鳥肌がたったような気がする。。サッサと渡り、ティッシュで足を拭いて、観光続行(ーー;)
中にはそれを楽しんで、ずっと水遊びしてる人がいました。ぎゃ〜(><)いつ頃からこうなったんだろう。。。昔は水浸しになるなんて事なかっただろうに。。環境問題、深刻ですね...


e0086048_2253649.jpg

メインの通りには、お土産屋さんやカフェ、レストランがびっしり。ガラス細工、仮面など売ってる店があちこちにありました。

e0086048_22574851.jpg

ベニスにもグッゲンハイム美術館があるんですねー。庭にはコンテンポラリーなもの、中にはピカソやモンドリアンなんかもありました。

e0086048_2303297.jpg

夕食は、コテコテ観光地の中心は、高いだけでおいしくなさそうだね、ってことで、ちょっと外れた、ユダヤ教の教会周辺のレストランに入ってみました。店内暗くて、写真分かりにくいですが、私はサーモンのニョッキとエビとイカのフリット、ダンナがトマトソースのペンネ。美味しかった♪

e0086048_2378100.jpg

翌日は、てくてく歩いて教会巡り。ドーム型はサンタ・マリア・デッラサルーテ教会。バロック建築の傑作。病院の横にあるジョバンニ・パオロ教会は、内装が素晴らしかった!写真撮れませんでしたが。。イギリスの教会と違って、十字架のイエスキリスト像やマリア像、絵画が多く飾ってあります。

e0086048_236313.jpg

リアルト橋。中はアーケードになっていて、お店が並んでいます。大運河を渡るには、ここ含め3つの橋しかないのですが、ここは観光客がうじゃうじゃいました(><)

e0086048_23163411.jpgベニスの素敵な所は、観光客がうじゃうじゃいる広場や橋ではなく、何気ない細い道だったり、住民の息がするようなエリアが、独特な雰囲気があって好きでした。なんだか現実味がない街ですが、洗濯物が干してあるのなんか見ると「あ〜、ちゃんと生活している人がいるんだな」って感じます。今回、私たちはとにかく歩きました!!端っこの公園まで行って来ました。地図があっても迷子になるくらい、細い道は入り組んでいますが、どこをあるいても素敵な雰囲気♡この美しい街が、地球温暖化のような環境問題のせいで、海に沈んでしまう、、、と言われています(涙)自分たちの子孫も、この美しい街に来れるようにしたいですよね。。。

日曜夕方、ヴィチェンザへ...
[PR]
by yamoed | 2006-08-21 22:41 | 旅行* イタリア
イタリア旅行 ☆ガルダ湖☆
e0086048_540384.jpg

予定より5時間遅れ、現地時間16時過ぎにBergamo空港に到着。そこからバスで約50分のBresciaに向かい、そこから電車で15分程で目的地のDesenzanoへ。
(左地図上の赤丸が、今回の旅行で訪れたガルダ湖、ヴィチェンザ、ベニスです)
e0086048_51855.jpg

ガルダ湖は、イタリアで一番大きな湖。湖周辺には、たくさんのホテル、ショップ、レストランが並んでいて、多くの人で賑わっていました。夕方に到着したので、町をブラブラした後、ホテル近くのレストランへ。

e0086048_5495186.jpg

ニョッチェッティ(だったかなぁ。。)という、短いパスタ、メインには白身魚。え、これって、フィッシュ&チップスの、フィッシュが揚げてないバージョン?!デザートはジェラートとティラミスをシェアしました。ん〜、ジェラート以外、味はどれもイマイチだったかなぁ。。

e0086048_633298.jpg翌朝、船に乗り、Desenzanoよりも北の町、Gardoneに立ち寄って朝食をとった後、Malcesineに向かいました。全くの余談ですが、船乗りのお兄ちゃん、ティアドロップのでっかいサングラスをかけて、イタリア〜ンな甘いマスクでした♪写真はさすがに撮れなかったけど(^^;)

e0086048_6411388.jpgMalcesineも午前中から多くの人で賑わっていました。この町からケーブルカーで山の上に行く事が出来ます。このケーブルカー、360度回転しながら上がって行くので、みんなが景色を楽しむ事ができるようになっていました。

e0086048_702184.jpg
山頂を15分程ハイキングすると、ガルダ湖の端が見渡せます。写真を撮った後すぐに、雲が目の前を通り抜けていきました。約1700mからの景色、絶景でした♪でも、超寒かった(><)

e0086048_704817.jpg

e0086048_781624.jpgチープな私たちは、湖畔に座ってランチ。普通のサンドイッチでもおいしく感じましたよ(笑)

e0086048_7133582.jpg

e0086048_7385727.jpg15時過ぎ、Desenzanoの隣、Sirmioneまで船で移動。ここはガルダ湖で一番の観光地のようです。スパもあります。時間の都合で行けませんでしたが、是非行ってみたい!これは1250年に建てられたRocca Scaligera、またの名、Sirmione城です。

e0086048_80464.jpg

e0086048_7592727.jpg
Desenzanoに戻って夕食。初日に失敗してるので、失敗の無さそうなピッツァリアへ。大正解☆作り立てのピザはおいし〜♡トマトのサラダも、トマト、オニオン、ツナ、オリーブオイルだけのシンプルなものでしたが、トマトが甘くておいしかったです。Desenzanoの夜は、観光客だけではなく、地元の人々でも賑わっていました。濃い〜顔のお兄ちゃん、お姉ちゃんがいっぱいでした(笑)昼の雰囲気もリゾートっぽくていいけど、夜の雰囲気の方が私は好きだったかなぁ♪
[PR]
by yamoed | 2006-08-20 05:50 | 旅行* イタリア
イタリア旅行 ☆テロ未遂の日に出発!編☆
「北イタリアに行って来ま〜す♪」なんてうかれて書いていたのに、そう、テロ未遂。
よりによって、出発の日に。
もちろんそんな事を知らずに、早朝5時半に家を出発したわけですよ〜。
心配して下さった皆様へのご報告のために & 記録のために、空港での惨事(?)を書きます!

8月10日、スタンステッドから8時15分のRyan Air、Milan Bergamo行き。Stratford駅からバスで空港に向かったのですが、空港入り口の随分前から大渋滞。「なんで?」と思ってる矢先に義父からの電話で、空港が警戒態勢にあることを知る。
空港に着いてびっくり、すっごい人!!出発30分前に、やっとチェックインカウンターの番号が出た。「手荷物持ち込み禁止。パスポートと財布のみを透明のビニール袋に入れる」とのこと。。雑誌も新聞もだめ。薬もリップクリームもなにもかもだめ。突然の事で、みんな荷物をまとめるのに時間がかかり、チェックインも全然スムーズにいっていなかった。やっと私たちの番になり、パスポートを見せて発券してもらっていたら、
「ここまで!このフライトはこれでチェックインを終了します!」って係の人がシャウト。
なんと、私たちは最後の客だった!
もちろん後ろにはまだまだ長蛇の列で、みんな怒りまくり!!
込みすぎて、チェックインやセキュリティーチェックがパニック状態になってるからだろうか。。

セキュリティーチェックももちろん長蛇の列。ブザーが鳴らなくても、一人一人べったり触られてチェックされている。ベビー連れの人は、哺乳瓶の中身を飲んでみせなきゃいけなかった。スイッチで開く車のキーを持っていた人は、それをチェックインするように言われて、また長蛇の列に戻されていた。。荷物は既にチェックインしてるのに、どうやって鍵1つチェックインしたんだろう。。。
私は、たまたまお守りをポケットに入れていたのだが、やっぱり見つかり、中身を出してみせるように言われた。
「固くひもが結ばれてるから開けるのに時間がかかる、中には紙が入ってるだけ」
「ならばX Ray 通して」
X Rayを通したのに、出て来たお守りを「なんじゃこれ?」って顔して受け取った別の係の人が「開けてみて」って。
「『開けられないならX rayを通す』って言われて通したのに!」って言っても、問答無用。
「お守りって、中身出したらいけないんだよね。。。」と思いながら、仕方なく中身を出してみせたけど「まだ何か入ってる」って、お守りの中を覗いて言った。
それって、お守りの形を整えてるただの厚紙。。。これが爆弾かなにかに見えるの?!って半分冗談、半分怒って言ったら「OK,OK」って、やっと通してもらえた(苦笑)とにかく「例外」はないのだ。「常識」も通用しない。「パスポートと財布だけ」と言ったら、本当にそれだけしかだめなのだ!でも、それくらいしてくれないと、テロは防げないのかな。。

とっくに出発時間が過ぎていたけど、ゲート番号すら出ていなかったので、ネットでニュースをチェックした。そこで初めてテロ予告があった事を知った。
4時間以上経ってからキャンセルされたフライトもいくつかあったけど(中には泣いてる人もいた。そりゃそうだ)、私たちのフライトは、ラッキーな事に、5時間遅れだったけど出発出来る事に!!ボーディングが始まった。
ところがそのとき、、
ない!!
財布をトイレのフックに掛けたままだったことを思い出した!手荷物があまりにも軽かったから、手ぶらでトイレから出て来た事になんの疑問も感じてなかった〜!どんくさい。
旦那は全くの手ぶらで、カードも現金も何もかも私の財布に入れてたから、私たちは全くの一文無し!!しかもボーディングが始まってる!真っ青になった。。。血の気がさーっと引いた。
「informationデスクに行ってみて」とゲートの人に言われ行ってみると、、
あった〜(涙)
心優しい人がいたもんだ(T T)

というわけで、ハプニング続きだったけど、無事出発出来たのでした。

長くなりましたが、実は帰りもえっらい目に遭ったのですよ。。
[PR]
by yamoed | 2006-08-18 05:38 | 旅行* イタリア
バカンスに行ってきます♪
10日から5泊6日で、北イタリアに行って来ま〜す♪
ガルダ湖、ベニス、ベローナ、ヴィチェンザ辺りに行く予定です☆
そして何より、、、食べまくる予定(笑)
[PR]
by yamoed | 2006-08-10 03:13 | おしらせ
Kent州へドライブ☆
週末にレンタカーをしたのですが、土曜はダンナがゴルフに行ってしまったので、日曜はドライブに連れて行ってくれました☆(どこか連れてけ〜!!って言ったんだけど...笑)
せっかく天気がいいというのに、私たちのんき夫婦は、動き出したのが11時過ぎ。これじゃ近場しか無理だわーって事で、ロンドンから南(うちから1時間弱のところ)のKent州に行く事に。

The National Trustという、チャリティーで運営されている建物、公園等が、イギリス中にたくさんあり、Kentだけでも15カ所!そのうちの2カ所、KnoleとIghtham Moteに行って来ました。

まずKnole。1603年、Sackvilleという家族が住んでいたというお屋敷があります。
e0086048_17584575.jpg

お屋敷の周りには、だだっ広い公園があり、あちこちにシカがいました。まるで奈良公園!でも、奈良のシカよりも、もっと「自然」っぽい。エサをあげてはいけないことになっていて、人間を見ても寄って来ないからかな。それに、立派な角が生えています。
e0086048_1824254.jpg


建物の中には、、、入ってません(^^;)周りを散歩しました。公園がいつの間にかゴルフ場と合体していたのですが、そこにもシカがいっぱい。。。ボール当たらないのかな(苦笑)
e0086048_1812238.jpg

e0086048_1815424.jpgお腹が空いたので、Knoleを出てローカルパブへ。田舎のパブって、あまり期待出来ないのですが、ここはおいしかったです!スモークサーモンとスモーク鯖、その下にはホースラディッシュのポテトサラダが和えてあります。

腹ごしらえした後はIghtham Moteへ。Knoleからすぐ近くです。
e0086048_18135055.jpg

ここは、1320年に建てられた家。いつからか1985年までは、アメリカ人が所有していたそうです。

e0086048_18221762.jpg
家の周りはお堀のようになっています。チューダー形式の建物で、庭も綺麗に整備されていました。

e0086048_1824277.jpg

ここはちゃんと中にも入ってみました(^^)写真撮影禁止と知らずに撮ったものが2枚(苦笑)このように、当時の部屋がそのまま再現されています。アンティーク家具がいっぱいで素敵でした♪


ロンドンからちょっと行っただけでも、ガラッと違う景色、建物があって、イギリスはまだまだ奥が深い。。。これからもちょこちょこ色んな所に行けたらなぁ、、と思いました。
(しかし、visiterは、お年寄り率高かったです。。。)
[PR]
by yamoed | 2006-08-08 18:28 | UK観光
鍋敷きモドキ。
e0086048_3262511.jpg超久々に何か作ってみたくなったので、長い事触っていなかったかぎ針で、鍋敷きを作ってみました。今まで、鍋敷きの代わりに、雑誌や新聞の上に置いてたからね(笑)
麻の糸でトリコロールにしてみました☆でも、適当に編んでいったので、びしっと平じゃなくて、ひらひらしてしまい、しかも穴開きだらけのパターンなので、果たして鍋敷きの役割を果たすだろうか...アカンかったら、写真左端にちらっと写ってるちっちゃいプラントでも置く事にします(^^;)

[PR]
by yamoed | 2006-08-04 03:36 | ハンドメイド