英国(ウェールズ)人の旦那と、娘hana(2007年1月生)、息子taro(2010年9月生)とロンドン暮らし。日常生活を綴ってます♪ 読み逃げ、コメント大歓迎☆
by yamoed
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
おしらせ
生活
興味
ショッピング
グルメ
イベント
ハンドメイド
ロンドン観光
UK観光
里帰り* 2006
里帰り* 2007 春
旅行* イタリア
旅行* フランス
旅行* スペイン
旅行* ベルギー
旅行* アメリカ
旅行* ウィーン、ブラチスラバ
旅行* スイス
里帰り* 2007 秋
里帰り* 2008 春
里帰り* 2008 秋
里帰り* 2009 秋
里帰り* 2010 春
里帰り* 2011 春
クッキング
里帰り 2012 春
以前の記事
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
more...
フォロー中のブログ
東京→ロンドン Journal
Bad Rockin' ...
ろんどんらいふ
パリときどきバブー  f...
メルボルンらいふ
イギリスからヒトリゴト
My favorite ...
ふらりロンドン
◆Cinq*Etoiles◆
★★ イギリス子育て A...
ロンドンから(子育て)blog
みつばちのすばこ
上をむいて歩こう
ジョンソン的ロンドン生活
紅茶国C村の日々
Strawberry a...
ブラジルゴハンとカワイイモノ
Mackyは今日も行く ...
blog von you...
レトロジャンキー <re...
みやこの日々
ロンコロ☆ロンドン
蓮の咲く朝
チビ猫のロンドン冒険日記
Ma vie en rose
うるさら♪diary
不定期刊 磯野鰯
Living in Lo...
WATER WAYS
Frequency
イギリスその日暮らし。
* いぎりす na 生活...
イバラキから ほのぼの日...
ロンドン郊外からblog
☆UKらいふ☆
ロンドンと私
妊婦ライフ→育児ライフ
続・UKプチ・セレブ(?)日記
My very pers...
はれ、のちくもり
明日に向って・in オレ...
Viva! ロンドン滞在記
ITALIA子育て
ロンドン 2人暮らし
お猫様はいづこへ!!
l-mamaの育児日記
エリオットゆかりの美味し...
るな☆そあ~ぶ
De*racine*のおと
European Flo...
ビッグリヴァー☆ブルース...
拝啓 イギリスにて。
Bonne Nouvelle
日々是横浜
ウキウキフェロモン大分泌...
From London
::: au fil d...
イギリス ウェールズの自...
a piece of c...
イギリスのLife Ac...
ココブログ♪
Piccoli Pass...
なおのスローライフ&ナチ...
リビエラに生まれて
Life is Wond...
teatime*日記
**m's brioche**
Cardiff日記
森の釣り人
andante-desse
40 ans a Par...
ロビンと一緒にお茶しましょ♪
新米日本語講師のつぶやき...
South Molton*
NY/Brooklynの空の下
英国"エコ"留学 (イギ...
SARIA It's...
イタリアでの日々。
その他のブログリンク
育児の記録日記は別ブログに綴っているので、そちらもよろしく♪

エキサイト以外のブログ
☆女王陛下にゴルゴUK☆

* 素材屋さん *
kurimilk

free counters
最新のトラックバック
楽しい時間を過ごしました..
from Strawberry and..
Clactonキャラバン..
from Strawberry and..
あふたぬ~ん
from Caline
ラストスパート
from blog von youha..
ブルージュ&アントワープ..
from ロンドンからblog
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ネットバッグ
パリで悪化した風邪のため、昨日、今日は引きこもり。。
全く、遊びに行って悪化してるようじゃ、同情の余地ナシ、自業自得(苦笑)
(皆様、お気遣いありがとうございました。)

編み直ししてる指編みのボレロは、毛糸が足りなくなってしまったけど買いに行けないので、その前にやりかかってたネットバッグを仕上げる事に。

e0086048_2434527.jpg

日本から送ってもらった麻の糸で編んでみました。持ち手もリネンテープ。中には、近所のマーケットで買った花柄の生地を張って、ネットの隙間からチラリズム♪持ち手のボタンは、グリニッジマーケットで掘り出したもの。
重いもの入れられないし、実用性に欠けるんですけどね。
[PR]
by yamoed | 2006-04-30 02:55 | ハンドメイド
日帰りパリ☆
とある新聞のキャンペーンで買った「Paris 2for1」という激安チケット、なんと往復£29(約6000円)で、昨日“日帰り強行突破パリで買い物ツアー”を決行しました。

ところが、、
前日の水曜午後からちょっとずつ具合が悪くなって来て、喉は痛いわ、鼻は出るわ、くしゃみは止まらないわ、、で全然眠れず、行くの諦めようと思ったのですが、朝になったら諦めきれず、結局気合いで行く事に。
しかし、悲惨なくらい鼻の下は真っ赤っか、目は涙目で、写真を撮る余裕も全然無く、パリでの写真はゼロです(苦笑)
なので、戦利品をご紹介。
e0086048_2017475.jpg

本当は生地をいっぱい買いたかったのですが、欲しかった柄がなかったし、重い荷物を持つ気力も体力も無かったので(ワインや食器も重いし。。)、鞄用にごつめの麻を1mだけゲット。基礎化粧品が丁度きれかかってたので、それもゲット。もちろん定番ラデュレのマカロンも、旦那へのお土産に。

しかし、買い足りな〜い(><)もっともっとお買い物したかったのですが、なんせ身体はしんどい、頭はもうろうで、不思議とショッピングする気もちょっと失せるんですねぇ。。珍しい事に。
でも、金銭的にはかえってよかったのかも知れません(笑)ま、一応欲しかった物はほとんど買えたし♡
やっぱり病んでての日帰りはキツいっす。ベッカム見ちゃったし、バチがあたったか?!(苦笑)
でも、日帰りパリって、贅沢よねぇ。今度は元気な身体で行きたいわ。

5月1日はメーデーで、イギリスは三連休です。日本もゴールデンウィークに入りますね。皆さん、良いホリデーを♪くれぐれにも風邪には気をつけて!
[PR]
by yamoed | 2006-04-28 20:41 | 旅行* フランス
かっこよかった〜♡
昨日(25日)は、「編み物会」のメンバーとリバティのカフェでランチ&編み物をしました。
4時過ぎ、ハロッズのラデュレでケーキ食べようって事になり、一同バスで移動。。
ハロッズの前に到着すると、入り口にベントレーという黒塗りの高級車が停まっていたので「セレブでも来てるのかな」って言っていたら、なんと、セレブもセレブ、ベッカムがいるっていうじゃありませんか〜。特にファンって訳じゃなかったのですが、そりゃ見なきゃ損(笑)!

いたっ♡クリスタルの食器やら花瓶やら売ってる売り場でビクトリア夫人とお買い物してたみたい。
e0086048_2349486.jpgやっぱ生はかっこいい〜♡ 笑顔が素敵!しかも愛想がいいんです。笑顔で近寄って来てくれました!全く、SPのおっさん、邪魔なのよっ(怒)横でちらっと写ってるのがビクトリア夫人。綺麗だったけど、日焼け(?)で肌が黒過ぎて荒れてました。。そして痩せ過ぎ〜(><)


e0086048_2354333.jpgビクトリアはロック&リパブリックのホワイトジーンズ姿。ベッカムが誕生日に送ったという、16億円のブルガリの指輪はつけていたのかなぁ。


e0086048_23563285.jpgデジカメせいいっぱいの望遠で激写。うぅっ、ちょっとずれて、ビクトリアのアップになっちゃったよ。。


いや〜、いいもん見た(笑)日本に一時帰国した際、友人に「ベッカム見た?」ってよく聞かれたんだけど「ベッカムはマドリッドに行ったから、イギリスにいないよ〜」って言ってました。が、見ましたよ〜、ロンドンで!!住んでて良かった♡

その後、ベッカムの笑顔が焼き付いてしまって、帰り道目に入ったメンズ達がみんなブサイクに見えてしまったよ(笑)あ、旦那も含め(爆)
念を押すけど、別にファンだった訳じゃないのよ。なのに、いい男はいい男(笑)

興奮冷めやらぬ状態でアパートに着き、鍵を開けようとしたら、私の背を叩く人が。。
男「○×▽□×☆○?!」
私「え?!」
どうやら、韓国人の男性が、私も韓国人だと思い、韓国語で話しかけて来たらしい。私が日本人だと分かると、今度は英語で「このエリアをちょっと知りたくて。。。」と。
「はい。。?!」
そして、なぜか「あなたはシングルですか?」って。それとエリアと関係あるんかい?
「結婚してますが」
「I thought you were beautiful, but sorry」ですって!!
ちょっと〜、30も過ぎて、しかも人妻で、しかも玄関の前でナンパされるなんて、私も捨てたんもんじゃないわねぇ〜、なんて、一瞬いい気になったけど、よく考えたら(よく考えなくても)、私の後を着けて来たのよね〜。。一体どこから?!
「Nice to see you.」と言って、彼は去って行ったけどさ。ちょっと、こわいんですけど。幸い、玄関入る前のフロントドアのところだったので、何号室に住んでるかまでは分からないはずですが。
ベッカムを見て、浮かれている場合じゃなかった(苦笑)
[PR]
by yamoed | 2006-04-27 00:19 | 興味
土曜のgreenwich
土曜はいいお天気でしたね〜。日曜と今日はイマイチですが。。
イースターで遠出をしていたので、週末は近場で留まる事にし、ダンナとgreenwich parkへ散歩しに行って来ました。

e0086048_1202217.jpg

天気がいいから人もいっぱい。この公園、花はほとんどないんですが、緑が綺麗でしたよ。カティーサークから展望台に向かって、丘を登って行きました。展望台には観光客がいっぱいいたので立ち寄らず(未だに入った事がない)、すぐ出た所のオープンカフェでお茶しながら、しばしボケーっとしてました。

さて、帰りは来た道を戻るか、ブラックヒースとの境目からバスに乗るか。ダイエット中のくせに、身体が重いダンナは、即座「バス」と。だから痩せないのよ〜と思いつつ、私もしんどいので「そうしようね」と合意(笑)
バス停の近くでは、ちびっ子達が馬?ロバ?ラバ?に乗って楽しそうでした♪

これから毎日こんな天気だといいのに、ロンドンの春はそんなに甘くないんだろうね。
[PR]
by yamoed | 2006-04-25 01:32 | ロンドン観光
イースターホリデー③
ホリデー3日目の日曜はダブリンに行って来ました!
ノースウェールズの「Holyhead」というところから、ダブリンまでStenaというフェリーで行く事に。ちなみにお時間2時間ちょっと、お値段一人往復13ポンド(約2600円)!ダブリンがあるアイルランドは違う国ですが(通過はユーロ)、そんな気がしないくらいノースウェールズからは安く行けちゃいます。
e0086048_17451749.jpg

フェリーに乗ってるって感じないくらいの設備。食事するところはもちろん、ゲーセンも免税店もあるので、暇を感じる事なく、あっという間にダブリン到着。


11時頃到着したのですが、帰りの便が16時と21時しかないので、まずはオープンツアーパスで市内をぐるっと観光して、その後ショッピングして帰るか、食事をして帰るか。。観光の状況をみて決める事にし、早速市内へGO!

ダブリンの中心地に到着したのですが、なぜか様子がおかしい!道路は閉鎖され、すっごい人ごみと警察が。。。なんと、この日は1916年イースター蜂起90周年記念パレードが行われるというのです!当然、ツアーバスは全面キャンセル。。。

e0086048_17574892.jpg

正午からパレードが始まり、アイルランド国防軍が「これでもかっ!」っていうくらいの人数でぞろぞろ出て来たので、かなりの迫力。勇ましくてかっこよかったです。
でも、このパレードのため、横断出来ない道も多く、行きたい所にも行けない状態。。結局、歩いて行ける範囲しか観光出来ませんでした(涙)



e0086048_1831997.jpg

あいにく雲の多い天気だったので、写真がどんよりしてます。セントスティーブングリーンという公園を散歩した時には、ちょこっと青空も見えましたが。街の中心に、針のような塔が2003年に建てられたそうですが、なんで針なんだろ。。ダブリンって針が有名?なんか意味があるのかも知れません。調べてませんが。
Grafton St. という、ショッピングストリートがあるのですが、そこも95%クローズ!普段の日曜だったら開いてるのに〜。レストランすら閉まっているところが多く、開いてるのはパブくらい。さすがアイルランド。やっぱギネスは飲まなきゃね〜って事で、ビール嫌いな私も、一応飲んでみました。ギネスは黒ビールなので、後味に苦みがあるのですが、クリーミーな口当たりで、ロンドンで飲んでみたギネスよりも飲みやすかったような気がします。って、普段飲まない私言っても説得力無いけど、旦那もそう言ってたので、ホントなのでしょう。

結局16時のフェリーで帰って来ちゃったので、ダブリン、あまり行った気がしません。。頭に残ったのはソルジャーばかり(笑)
もう一度いつか行ってやる〜。
[PR]
by yamoed | 2006-04-21 18:20 | UK観光
イースターホリデー②
ホリデー二日目は、Angleseyという市(?)のBeaumarisの町を散策しました。Beaumarisには両親の家があるのですが、ダンナはここの家に住んだ事はありません。元々ノースウェールズの出身なのですが、義父さんの仕事の関係で国内外引っ越しを繰り返し、リタイア後、3年前にこの街に戻って来たわけです。去年の1月、旅行でイギリスに来たときに、「彼女」として両親に会いに来た事があるのですが、当時婚約もしてなかったので、それ以来ぶりに今度は「嫁」としてこの街に遊びに来た事、なんだか不思議な感覚がしました。

e0086048_19252489.jpg

家の窓からは海が見渡せます。この町にはリタイアして移り住んできた人も多いみたい。納得です!家から10分ほど歩いた所に、13世紀に建てられたBeaumarisのお城があります。


e0086048_19371150.jpg

Beaumarisから少し離れたところにConwyという町があります。この町、お城にすっぽり囲まれているんです。外壁をそのままにして、中に町を創ったという感じ。古い町並みがとっても素敵でした。町の看板には、英語とウエールズ語が表記されています。ダンナも両親もウエールズ語は全然話せないのですが、町ではウエールズ語を話している人がたくさんいました。当然か。。(苦笑)
BeaumarisにもConwyにも、小さなアンティークショップがいくつもありました。欲しいものだらけだったけど、今回はバラの絵が付いたコーヒーカップだけ購入♪
写真の橋は、UKで一番古いと言われる橋です。1826年に建てられたそうです。

義母さんの手料理を頂いたあと、近くのパブへ行きました。そこで「日本大好き」というおっちゃんに遭遇。私たちのテーブルの横に来て、延々と「Japan is wonderful! Japanese is great people!」って言ってました(苦笑)始めは「よくぞ言ってくれました!」と思ってたけど、終いには両親の顔もひきつってきて。。どうやらこのおっちゃん、日本の文化や歴史が大好きで、日本旅行をしたときに、素晴らしい時間を過ごせたらしいです。ちょこっと日本語も知ってました。でも、日本人は「ギリシャ人の次にフレンドリーだ。ギリシャ人には勝てないね」って(笑)
まさかこんな田舎の小さい町で、日本好きな人に会うとは。。

Anglesey、素敵な街です♪
[PR]
by yamoed | 2006-04-20 20:05 | UK観光
イースターホリデー①
木曜の夜ノースウェールズのBangorに到着し(ロンドンから電車で4時間ちょっと)、翌日金曜は、そこからBangorから1時間ほどのポートメイリオンという街に行って来ました。

e0086048_21284677.jpg

ここは、ウィリアムズ・エリス卿という建築家が生涯を費やして創り上げたプライベートビレッジ。彼が世界中から自分の好きな物を集めてコラージュした街なので、イタリア風なコテージがあるかと思えば、映画のセットを貰って来たという仏陀像まで。。センスがいいんだか悪いんだか、まさに「ワンダーランド」な街です。ホテルやコテージ、お土産屋さん等があります。この街を見学するには、6ポンド(約1200円)の入場料が必要ですが、ホテルでの食事の予約があれば、入場料を払う必要がありません。というわけで、私たちは、海辺に面してるホテルのランチを予約して行きました。


e0086048_21362391.jpg

ここのランチ、ひじょ〜に美味しかったです♡メインのお肉は柔らか〜。お肉の下には、マッシュルームリゾットが敷いてありました。デザートのシャンペーンムースも美味!3コースでお値段£19.50なのですが、入場料を考えるとかなりお得です。


ポートメイリオンといえば、Portmeirionという食器のブランドがありますよね。これは、エリス卿の娘さんがデザインを手がけて始めたブランドだそうです。ここでは、セカンド品を扱うショップがありました。

現実逃避するにはいい街なのかも?!
[PR]
by yamoed | 2006-04-18 21:46 | UK観光
またまた掘り出し物★
うちの近くで、水曜、土曜にマーケットが開かれてます。コレクターがアンティークを探しに来るようなマーケットとは違って(もちろんグリニッジとも違います)、主に野菜、果物、日用品が売られている「生活密着型」のマーケットです。それらのストールを抜けると、ちょっとした広場があり、そこには、まるでゴミ箱をひっくり返した?!っていうくらいのジャンクが売ってます!
日本製のデジカメを取り出して撮影する勇気が出ないような雰囲気です(^^;)分かります?
電化製品、家具、古着、皿、本、、とにかくなんでもあり。電化製品は、使えるのかどうか疑問ですが。。。多分、壊れてても自分で修理出来る人なら、かなりのお買い得品。いつの?っていう位型が古かったりしますが(苦笑)
私、実はこういうの大好きなんです〜。こういう、ジャンク中から掘り出し物を探すという快感♡
(だから物が増えるんですが。。)

2回通って掘り出した物の数々。
e0086048_2010489.jpg

左から、ジャーが2個で£1.5、Denbyの皿が50ペンス、バラの缶が50ペンス!ありえない値段でしょ〜。でも、こういうのを掘り出せる確率、ひじょ〜に少ないです(笑)何度も行った事ありますが、今回はラッキーでした。


e0086048_20165261.jpg
あと、ニャンコ。2匹並んでるのが今回買ったものです。左の黒猫は、魚の骨をくわえてます。周りのニャンコは、お土産でもらったのをきっかけに集め出したものです。上段右から左、下へ、バリのニャンコ、コベントガーデンで買ったニャンコ、大阪谷町6丁目で買ったニャンコ、メキシコのニャンコ、スペインのニャンコ。大阪とコベントガーデンのニャンコは、実際に作った方が売られてたので、特に愛着があります。まー、こんなものまで集めるから物が多いんだよねー、うち。でも、これら、すごくちっちゃいです。

ここのマーケットでジャンクから掘り出し物を探したい方、ちょっと惨めな気持ちになってしまうくらいのジャンクから掘らないといけないので、かなり気合い入れて行く勇気のある方、ご一報ください(笑)

明日からイースターホリデーですね。
私はノースウエールズ(旦那の実家)とダブリンに行き、月曜に帰って来ま〜す♪
皆さん、素敵なホリデー&週末を☆
[PR]
by yamoed | 2006-04-13 20:33 | ショッピング
掘り出し物?!
日曜日、ダンナとグリニッジのマーケットに行って来ました。
小さいテーブル?スツール?を購入したのですが(£8を£5に値切って)、色にムラがあって汚かったので、ペイントすることに。
e0086048_17174965.jpg

まずはサンドペーパーで表面に傷を付けてから、ペンキを塗っていきます。ダンナの手、幽霊みたくブレて写ってます(笑)ちょっと黄みがかったオフホワイトになりました♪上からもうちょっと白っぽいオフホワイトを塗ろうか検討中。プラントを置くとかわいく見えますね〜。もうちょっと大きいプラントの方がバランスがいいかなぁ。


e0086048_17231149.jpgちなみに、私がゲットしたのはこちら。このカン丸ごと£3!っていっても、半分以上しょうもないボタンですが(^^;)中にはかわいいのもありました。洋服や帽子にバッジみたく縫い付けたり出来そうかな。アームフォーマーみたく、編み物のポイントにも使えそう。かわいい瓶に入れておこうっと。オブジェ化しそう?!

初バトン頂きました。
[PR]
by yamoed | 2006-04-10 19:08 | ハンドメイド
Toscana
日にちが前後しますが。。
1日の夜にイタリア、ピサの空港に到着。そこから車で1時間半ほど南の小さな村のレンタルハウスに到着したのは深夜12時過ぎ。
e0086048_2185090.jpg

こちらが宿と、部屋からの風景。


2日は、Sienaという街に、3日はSan Gimignanoという街に行って来ました。
e0086048_2273272.jpg

街に行く道中の景色、とっても綺麗でした。トスカーナ地方を象徴する、とんがったロケットツリー(?)がかわいかったです。左上の写真が、Sienaの街です。プッブリコ宮の鐘楼がそびえ、建物は全てレンガ色。
San Gimignanoには、かわいいお土産屋さんがいっぱいありました。ニャンコ軍団にも遭遇!別の場所でもニャンコをよく見かけました。イタリア人はニャンコ好き?!
もちろんジェラート食べましたよ〜。さすが本場はおいしいわ。


今回の旅でちょこっと残念だったのは、「せっかくイタリアに行ったのに、まともなイタリアンディナーを食べてない!」ってこと(ーー;)キッチン付きの宿だったからさぁ。。しかもSienaまでも1時間かかるようなド田舎の宿だったからね。ランチは観光地のトラットリアだし。地元のスーパーで買い出しして、地元の食材で料理を作るってのもいいもんですけどね。

あ、でも、1日だけ、観光地から外れた、素敵なレストランでランチしました!
e0086048_7434845.jpg

VolterraとSan Gimignanoの間に建つレストラン「Locanda Il Boschetto」。ここはおいしかった〜。食事の後に出されたビスコッティもホームメイドでおいしかったです。


トスカーナ地方の建物は、外観を変えてはいけないらしく、街全体が古いんだけど、とっても味があって、雰囲気も良かったです。そして、どこのドアにもドアノッカーが付いてました。
e0086048_7532145.jpg

本当はもっといっぱい写真撮ってます(笑)ドアに向かってシャッターを押す怪しい日本人。。。旅の恥はかき捨て!?


義両親がいたので、さすがお土産屋やスーパー意外のショッピングは出来なかったのですが(素敵な靴屋や鞄屋を横目に見ながら通り過ぎてました...)、田舎でのんびりホリデーも楽しいもんです。ヨーロッパにいるからこそ、こういうゆったりした旅が出来るのでしょうね。ホント贅沢です。感謝感謝。
[PR]
by yamoed | 2006-04-08 08:03 | 旅行* イタリア